マンガの基礎を高校で学ぶ【色彩テクニック等多く技術が必要】

基礎がしっかり学べる

マンガ

プロの指導が受けられる

マンガを学ぼうと思うなら、独学よりは専門学校です。専門学校ではマンガの基礎をしっかり学びながら、技術や知識を一から学べるのです。また期間も限られているので卒業後に活躍できるようカリキュラムが組まれており、着実に技術が向上して行くわけです。ペンの使い方や、コマ割り、破綻のないストーリー構成に必要なノウハウが習得できまので、マンガ作成の基礎を知り尽くしている方が独学でデビューした作家に比べ重宝されている現実もあります。専門学校では講師陣が活躍中のプロのマンガ家や編集を担当している人なので、現場で求められる知識や技術を伝授してもらえます。また、原稿の書き方や業界のルールも教えてもらえ、アシスタントに必要なスキルや編集者とのコミュニケーション、連載を勝ち取る方法など生のアドバイスも受けられます。さらに専門学校は業界との繋がりもありますから卒業後に就職先の紹介などでは大きな力になってくれますし、最新の情報も手に入れやすいのです。また学校にいる間に、最近注目度が高いSNSへの投稿やゲームキャラクターの作成などに携わることで、就職の幅も広がります。マンガを作り上げるのは孤独な作業です。しかし専門学校に通うことで同じ目標を持つ仲間に出会い、モチベーションを維持できます。そして仲間達から受ける刺激が自分の技術向上にも繋がります。さらに情報を共有し合うことでお互いが成長できるのです。卒業後には同じ業界内でまた仕事を通して切磋琢磨しながら質の高い作品を産むことだって可能になるのです。