マンガの基礎を高校で学ぶ【色彩テクニック等多く技術が必要】

マンガ

基礎がしっかり学べる

マンガを一から学ぼうとするなら専門学校が最適です。基礎からしっかり学ぶことで、技術や知識も着実に磨かれ、増えて行きます。また現役のプロのマンガ家や編集者が講師なので業界で必要とされるノウハウが学べ、卒業後は即戦力にもなれるのです。

詳しく見る

漫画

パースをマスターできる

高校卒業後マンガ家を目指すために専門学校に入る人はとても多いです。全国各地に色々な専門学校があり、場所によって特徴が違うので事前に時間をかけてきめ細かくチェックする事はとても大切です。専門学校は多くのマンガ業界が注目しており、在学中にプロとしてデビューする人もいます。

詳しく見る

鉛筆

夢を叶えるためにも

イラストがまったく描けなくても、専門学校に通えば、マンガ家になれる可能性が十分にあります。初心者でも入学できるところもありますし、夜間コースが設置されている場合もあるので、自分にあった方法でマンガ家を目指しましょう。

詳しく見る

色彩テクニック等も学べる

描く人

必要な事を全て学べる

マンガについて色々な事を勉強しながら高卒の資格を取得できる高校が今若い世代を中心に人気を集めています。また、マンガについて学べる高校にはプロを目指す逸材が全国各地から集まっている事もあり多くの出版会社等からも注目されています。もちろんプロの目に止まった人は即マンガ家としてデビューする事ができます。10代でデビューしたいという人の願いをマンガについて学べる高校なら叶えられる可能性が高くなります。マンガの勉強と高卒の資格を本当に同時に取得できるのか不安という人は少なくありませんが、大丈夫です。マンガの高校は少人数制を採用しているところが多いので分からない事があれば遠慮なく先生に聞く事もできます。授業はネットを通して受けられるのでマンガを描くのに忙しいという生徒でも空いた時間に勉強できます。また、高校によっては県外に研修に行く事もあり、そこでマンガ家としてはもちろん、人として大切な事も学べます。プロのマンガ家になるのはストーリーやキャラクター作り、演出に色彩テクニック等多く技術が必要になります。初めてそれを知った時こんなに大変だと思わなかったという人もいるほどです。ですが、そのどれもをプロが綿密に指導するので必要以上に不安にならなくても大丈夫です。マンガの専門学校ですが、自分に足りないものを学びに行くという活用方法をしている人もいます。スランプ等何かが足りないけど自分では分からないという人でも高校に通いプロの講師に聞く事で客観的に自分の作品を見てもらえるのでそれを理解できます。専門性の高い仕事としては、マンガ家の他にもゲームクリエイターや声優などが挙げられます。スキルの証明として資格を取得するというのも一つの手ですが、独学でスキルを身に付けることが難しければ専門学校を頼りましょう。

漫画

夢を実現させよう

高校でもマンガ家を目指して勉強ができる所が東京にはあります。ここでは一般の高等学校同様、普通教科も学びながら専門教科であるマンガの技術と知識を身につけます。専門教科の講師は現役のプロのマンガ家や編集者などです。彼らから現場で通用するセンスや表現力が学べるのです。

詳しく見る

マンガ

夢に向けて学びたい

入学するマンガ専門学校を絞り込みたい時は、まず無料の資料を取り寄せて比較してみましょう。入学先を決めた後は願書を提出し、入試や面接に備えます。学費を納付するのは入試に受かった後になります。また入学先によっては健康診断書を必要としている場所もありますので、確認が欠かせません。

詳しく見る